中古車買い取りなら当サイトにお任せ!

こちらのサイトでは、これから外壁塗装をしたいと考えている人で、少しでも費用を節約したい人に対してのお役立ち情報を掲載してあります。
費用を節約する方法には色々なやり方がありますが、助成金を使うことで節約ができることもある、塗装工事で補助金はあるのかなどの情報を紹介しつつ、DIYでやる方法や塗装工事を行うのにおすすめの時期・色を選ぶときには色見本をチェックすると同時に色見本の見方などについてもご紹介しています。

外壁塗装に使える助成金

外壁塗装に使える助成金 外壁塗装には多くのお金がかかる、しかしそのままにしておくと外壁は水を弾き飛ばすの機能が弱くなるので雨漏りの原因に繋がることが多いのです。
そのため、劣化した場所を塗料を使い塗膜を作る外壁塗装は家を守るためには欠かすことができません。
塗装工事においての費用は業者により異なるので、必ず数社への見積もりを依頼して金額を比較しておきましょう。
それと、塗装にかかる費用は都道府県や市区町村が助成金を支給しているケースがある、地方自治体により20万円以上の助成金が支給されることもあるので調べておくとお得です。
なお、外壁塗装工事の中でも色選びで苦労されている人は多いようですが、色見本を使って色を決める際には屋外で外壁部分に色見本を押し当てるのがコツです。

外壁塗装にはいくらかかるのか相場を知りたい

外壁塗装にはいくらかかるのか相場を知りたい 外壁塗装にかかる費用は使用する塗料の種類や施工する面積、施工のしやすさなどの状況によって異なります。
機能性が優れた高品質な塗料程価格は高くなりますし、塗装するのに足場が必要だったりするとその分だけ手間とコストがかかります。
目安となる外壁塗装の相場は、50坪程度の一戸建て住宅の場合には100万円程度はみておく必要があります。
30坪の一戸建て住宅の場合には、大体60万円程度となっています。
塗料のグレードを上げると、その分の費用も大きくなります。
塗料にはアクリル系やウレタン系、シリコン系、フッ素系といった種類があります。
最もリーズナブルなのはアクリル系で、割安ですが耐用年数は短めです。
フッ素系の塗料だと、耐用年数は15年から20年程度になります。
耐用年数が長ければその分メンテナンスを行う回数が減るので、トータルコストを考えると安いといえるかもしれません。
その他にも遮熱効果のある塗料など特殊な塗料もあります。
特殊な機能がある分、費用は割高になります。
遮熱効果がある外壁塗装だと、夏の暑い日でも強い陽ざしによる熱をある程度防ぐことができます。
エアコンの冷房も効きやすくなりますし、省エネルギー効果も高くなります。

外壁塗装におすすめの時期

外壁塗装におすすめの時期は、3から5月の春か9から11月の秋と言われています。そのように言われている理由は、空気が乾燥していて塗料の乾燥が早くなるためです。
つまり、塗料が乾くまでの時間が短く済み、工期が短く済む点が春や秋に外壁塗装をするメリットです。
ただ、春と秋に依頼するのがおすすめではありますが、その時期に依頼するのにはデメリットもあります。これは、繁忙期ゆえに希望の日程の予約が取りにくかったり値段が高くなる傾向にあるためです。
また、秋については台風などの影響によって工期がかえって長くかかってしまうこともあります。
そもそも暑くて雨が多い夏や日照時間が短く作業時間を確保しづらい冬でも、外壁塗装を依頼できないわけではありません。
むしろ雨は多いものの日照時間が長い夏や希望の日程を取りやすい冬に依頼したほうが工期が短く済む場合もあります。
なお、外壁塗装には耐用年数が存在しその塗り替え目安は約10年です。自分の都合の良いときに依頼するのがベストと言えるかもしれません。

外壁塗装を選ぶときはどんな種類にするのかもよく考える

外壁も雨風や紫外線の影響で少しずつ劣化が進んでいきます。ひび割れなどがある場合は、家の耐久性にも影響が出てきますので、早めに修繕をしたいところです。
外壁の工事は外壁塗装という形で行われることが多くなっていますが、種類も豊富なのでどんな塗装にするか悩んでいる人もあるのではないでしょうか。
外壁塗装で、費用を少しでも安くするなら、アクリルやウレタンの塗料に注目してみましょう。工事費用は安くなりますが、そのかわり耐久年数はあまり長くありません。
頻繁に塗り替えをするとかえって高くなることもあるので注意が必要です。より長く持たせるのであれば、価格は高くなりますがシリコンやフッ素塗料にも注目してみましょう。
さらに、塗料には水性と油性があります。水性の場合は臭いが少ないというメリットがありますし、油性は耐久性に優れていることがメリットです。
艶ありと艶なしもありますので、どのような仕上がりにするのかも決めておきたいところです。

外壁塗装はプロに依頼するのがおすすめです

住宅を建てる場合、設備や外観だけでなく外壁塗装についても考えておく必要があります。外壁というのは住宅の見た目を良くするだけでなく、耐久性にも大きな影響を与えるということです。
外壁塗装は自力でやりたいという人もいるかもしれません。しかし、自力で行うのはかなり大変ですし、基本的にはプロに任せた方が良いでしょう。
塗装業者といってもいろいろありますが、せっかくプロに任せるなら良い業者を見つけるべきです。
まずは下請け業者に工事を委託しない業者を見つけるようにしましょう。下請け業者が工事を行う場合、2回塗りが基本になっていて料金も安く済みます。ですが、塗装業者が直接工事を行うわけではありませんし、業者との間に認識の違いが発生しやすいのです。
また、値段が安すぎる塗料にも注意が必要です。安すぎる塗料は長持ちしないため、短期間で塗り直しの必要が出てきます。結果として高くつくこともあるので注意しましょう。まずは、見積もりを依頼するのがおすすめです。

外壁塗装を業者に依頼する前の注意点を解説

家の外壁塗装は年数が経つごとに劣化していくため、定期的な塗り替えが必要になります。近年はDIYで塗り替えしようと考える人もいますが、塗装の範囲が広い、劣化が激しい場合は外壁塗装の専門業者に任せたほうが安心です。
しかし、業者の中にはずさんな施工をしたり、高額な費用を請求するなどの業者もいます。業者に依頼する前には、複数の業者に相談して見積もりを取ることが大切です。
その際には外壁の点検や診断など事前調査をきちんと行うか、見積もり内容が明瞭に書かれているか、担当者の態度などを注意深く確認しましょう。
見積内容に疑問点がある場合は担当者に質問することも大切です。明確に答えられない担当者の場合は知識も浅く、信用性が低いと考えたほうがよいでしょう。
また、現時点での外壁状態、使用する塗料の種類、施工の工程などを素人にもわかりやすく説明してくれる担当者か見極めるようにしてください。
費用については総額でいくらになるのか、追加料金は発生しないか確認しましょう。費用が安いからといって飛びつくと、高額な費用を請求されるケースもあるため注意が必要です。

外壁塗装を行う時には台風対策は重要な問題です

外壁塗装を行うことを希望した方は、施工会社に依頼をして契約を結ぶ方法で後は作業が完了するまで待つことが求められます。
通常では5日間程度で全てを終わらせることはできる外壁塗装ですが、国内では夏から秋の季節に掛けて台風が発生することが多いので、塗装作業を行う際には台風対策をしっかりと行っておくと被害を受けずに済ませられます。
本州の太平洋側や九州や沖縄地域は非常に台風が発生しやすいエリアになるので、足場を組んで周囲に塗料が飛び散ることが無いように、養生シートで足場を囲むように取り付けることがありますが、大型台風が接近している最中では、作業の完了後には養生シートを外す方法で風圧を軽減することができます。
次回の仕事に関しては、台風が去っていき好天に恵まれた日に作業を再開することになり、外壁塗装では常に天候に左右される仕事になることは避けることはできません。
少しでも台風被害を受けてしまった場合は、住宅側に施している養生シートの点検も台風対策には欠かせない作業になり、風の力によって剥がれている箇所があれば再度養生を施すことで綺麗な仕上がりを実現できるのではないでしょうか。

外壁塗装についてはコチラもチェック

外壁塗装の専門HP